スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86改造計画 3 ~エアロの複製完了~の巻き

AE86 LEVIN

86 LEVIN改造計画のVol.3です
今日は前回製作したシリコーン型のお試しレポートです。
実際にシリコーン型に流し込んでエアロパーツの複製を行いました。

SANY0594.jpg

ではご覧下さい。
AE86 LEVIN

こんばんは 昨夜はツレに 拉致 連れられラーメン屋に行っておりました。
なのでブログが更新できませんでした スミマセン・・・

今日は夕方から複製作業を再開してました。
出来立てホヤホヤのエアロパーツをupします。



まずは先日作っておいた型から原型を取り出してみます。
SANY0568.jpg
底板を外すと原型が埋まっていまして、コイツを引っ張り出す訳です。
型枠ブロックを取っ払い・・・
SANY0570.jpg
シリコーンをフニャっと曲げるとポンッ!!と出てきます。
SANY0572.jpg
上手く出来たようです


昨夜は出掛けに、今日の複製の為に使うある物を作っておりました。
SANY0574.jpg

材料はコレッ!どこにでも有りそうな普通のファイルです。
やっぱりポリプロピレン製 さてコイツを問答無用で切り刻みます。

SANY0576.jpg
/ < Pぃカッターぁぁぁ) スッ・・・

SANY0577.jpg
さて切り出すか、といった所で連れ出されたので昨日はココまで
そして日が変わりまして・・・



また使う道具を揃えてみました。
SANY0578.jpg

   新聞紙 :こぼれても良いようにトレイに敷きます

注型用ウレタン:コイツを型に流し込みます A液・B液とを混ぜて使います
           (暫く使ってなかったから錆びてました;)

   トレイ :再登場☆この上に新聞紙を敷きます

  ゴム手袋 :今度のは手に付くとよろしくないので必ず着用して下さい

     型 :まぁ無きゃ始まらないですよねww

   PP板 :昨夜切り出していた物です

 デジタル秤 :この手の樹脂は1:1の重量比で混ぜるので用意して下さい
        シリコーンよりもずっとシビアで、適当にやると硬化不良になります
        A液とB液とで比重が違うんで目算での計量は無理です
        ですので、必ず用意して下さい。



ん~・・・それにしても西日が気持ちよいです
早く秋にならないもんかな


SANY0580.jpg
手早く計量します。
缶を開けた瞬間から揮発してますんで、防毒マスクをお忘れなく!!
写真ではベランダで作業を行っています。
相当有害で自殺行為なので、室内での複製作業は止めましょう!!


2液を混合するとスグに硬化が始まります。
空気が入らないように撹拌して、静かに型に流し込んで・・・とココからは時間との勝負
チンタラしていると注型の途中で硬化してしまってBAD ENDですww

まぁオイラは大分慣れましたが最初は焦ると思います。
型が大きかったりすると全てに行き渡るまでに時間が掛かりますんで余計に。
ですが、片面型なら余程ドンくさくなければ大丈夫です。

さて、では注型始めますか
SANY0582.jpg
新たに登場した変な棒、お墓にあるヤツではありません!!
アイスの棒に切り欠きを入れた物 何に使うかはこの後で。
脇の金色の細いのは真鋳線(シンチュウセン)です。撹拌と流し込みに使います
(流し込みは割り箸でもOKですが今回は型内の気泡を突いて除去するので用意しました)


あっと言う間に注型完了。
SANY0583.jpg
ココで板の出番☆
表面張力でぷっくらするまで樹脂をたっぷり型に流し込んだら板で上から押さえます。
こぼれても新聞紙様が抱き止めてくれるのでwwギュっと押さえます。
この作業で平面部分を整形させます。
型枠に原型を入れる時、平面部分を底面に持ってきたのはこのためです
この作業でパーツ周りのバリの出方が決まります。
まぁ多少バリができても手でちぎれば良いんですけど。。




でっ!!


待つこと数十分
SANY0584.jpg
白く固まってきましたね

もう良いかな。 取り出してみましょう


SANY0587.jpg
少しバリが出たのでちぎってますww


いよいよ出てきます


完成した複製パーツが


じゃーーーーーーーーーーーーーーん!!





と思いきや・・・

ここで結果をお見せする前にww小ネタを一つ

先ほどの切り欠きの入ったアイスの棒
アイツの出番はココからです。

ウレタンを流し込むと幾らか容器に残ります。
少量であれば、容器をフニャフニャしているとペリッと剥がれるのですが
容器が硬い物であったり、残った樹脂の量が多いと剥がすのが大変・・・
そこで!!

SANY0585.jpg
残った樹脂の中に棒を入れておきます。
すると・・・

SANY0586.jpg
白く固まってきましたネ♪

後は・・・

SANY0589.jpg
おりゃ!!ポンッと外せます。

後はこのままゴミ箱へポイするだけ。

ちなみに、切り欠きを入れたのは抜け防止です。。

ついでに言うと、複製作業の最後に多めに計量しておいて
容器の中に混合された樹脂が残っているところに、ポトポトとそれまでに固まったゴミを放り込むと
一つに固まるので捨てるのがラクです


さて、改めまして お待たせしました

型から出てきたパーツ達のお披露目です!!

SANY0590.jpg
特にデカイ気泡跡も無く割りと綺麗にできてます。

REARバンパーにできている小さなコブはシリコーン型にできていた気泡の跡ですww
牽引フック等ではありませんww

凸の形状なら削れば良いので補修は楽チンです
凹だと大変ですけど・・・

SANY0592.jpg
70点ってとこでしょうか。
まぁ形状が単純なので、紹介する側として、この位はできてあたりまえなのですけどね;



SANY0594.jpg
ボディとのフィッティングも良いようです。
無事に完成して良かったです。

さて、あといくつ複製しようかなぁ



最後まで御覧頂きありがとうございます
大変長いレポになってしまいましたが如何だったでしょうか?

本来なら注型の様子なども写せると良かったのですが
なんせ両手が塞がるもんで・・・なので肝心な写真が無いというww
もう少し工夫が必要ですね。タイマーと三脚使ってみよ

次はボディの下地処理と塗装です
ではでは次回 【塗装編1】でお会いしませぅ

おやすみなさ~い

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 86にエアロを付けよう 86レビン 86

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。