スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスバル専用ガンダム

RX78 C/A キャスバル専用ガンダム

昨年冬頃に作ったものです。
地元の模型店で開催されたコンテストに出品してました。

MG RX78-2ガンダムOYW をベースに製作しています。


SANY0512_20100822033109.jpg


ではご覧下さいませ。
RX78 C/A キャスバル専用ガンダム

ゲーム『ギレンの野望』で初登場(だったかな?)した機体
まぁ知ってる人は知っている・・・そんな機体
要するにシャア専用ガンダムってことですねww 
マイナー機体が好きで、無闇に他と差別化をしたがるオイラに打って付けの子ですww

かと言って、ただ色変えしたんじゃ面白くない!!
徹底改修となったとさ。。。

余談ですがコイツは、2009年のオラザクに向けて作っていたものでした。
それが何故模型店のコンテストに出てたのかと言うと・・・
そうです、間に合わなかったのです
2009、2010と、二年連続で参加できなかった訳です。
学習能力ゼロですね。。

そんな経緯もあり、思い出深い大事な作品となりました。
では作品説明をしていこうと思います。

製作するに当たって、課題としたのは以下の3点
   ・高機動型らしいデザインにする。
    (設定を調べてたら何処かに記載されてました。RX78-2とは外観以外別物だそうで)
   ・アーマードコアシリーズのACの様な表面処理をする。
    (あの金属表現大好きなんス  クラースナヤ、ナインボール辺りをイメージソースに)
   ・MAX塗り 黒立ち上げ
    (塗装が苦手でエアブラシ初心者なオイラが知識だけだった塗装法に初挑戦www)

使用したのはコチラのキット
RX78-2 OYW


FRONT
SANY0496.jpg




SIDE
SANY0494.jpg


REAR
SANY0500.jpg




SANY0504.jpg
バーニアをアルミパーツに変更しています。
腰周りスカートアーマーは、形状変更やディテール追加など加工箇所は多いです。
左下腕の装甲は思い切って取り払っています。
アシメなデザインが好きなのです☆



SANY0508.jpg
ライフルとシールドを外した状態。
高機動・・・とはドンナダロウ?外観で表現するのは難しいかもしれないですね。
らいしければ良いかと思い、アチコチに排気用のスリットやバーニアを追加。
軽量化もするかもしれないな!と思ったので脚の装甲を一部排除。
パネルラインを利用し装甲パーツを一旦切り離し、ワザとズラしてスリットを設けたり
個々に加工して情報量を増やしたりしています。
胴周りはセンター部で幅詰め。クビレが出て細身なシルエットになるようにしました。
左腕の手首はキットの指先を加工し表情を付けたもの。


SANY0510.jpg
別の角度から。
カラーリングは公式の設定など完全に無視しww
気のみ気の向くままに好き勝手に塗っています。
それでも完成時の配色も考慮してパーツ分割していったので割りと纏まったのではないかと。。。
個人的には、わき腹から腰にかけての色の切り替えが気に入っています。
ふくらはぎの黒色部もアクセントになって良かったかなと思います。


SANY0513.jpg
上半身アップ
頭部も地味に形状変更しています。
センチネルが好きなので奥行きを増すのは当然のことw 左右のダクトをすべて開口
下部3枚のフィンはスペ●オルのソレのようにしてしまいました。意外と違和感無いですよね?
カメラアイはブルーにしました。クリアカラーで塗装後、裏面にアルミテープを貼っています。
デカールもシャアザク/シャアゲルググ2.0のものから『CHAR AZNABLE's CUSTOMIZE 』
というのをチョイス☆
本当は『Casval・・・』としたかったのですが、まぁ妥協案で。
肩にはジオンマークと『C.AZNABLE』をペタリ♪


SANY0514.jpg



SANY0515.jpg
胸部はダクトの形状変更や極薄プラ板によるディテールアップ、自作内部フレームの露出など
面が寂しくならないよう、喧しくならない程度に情報量を増してます。
肩のディテールは、展開しそうなデザインになるよう切って貼ってで作ってます。


SANY0518.jpg
太ももはエクシアのデザインをを参考にハッチが開いている様なデザインにしています。
開口部から内部フレームのシリンダーが覗く様にしました。



SANY0520.jpg
脚部のアップ
渋く仕上がって気に入っています。
全体にシルバーでのドライブラシをし、金属感が出るよう試行錯誤してました。
つま先、かかとは一番傷がつく箇所だろうということで他よりもキツめに施しています。



SANY0519.jpg
左腕開口部のアップ
特にデザインを考えずにパネルラインで取り払ったので、あまり説得力が無く
無理やり感がありますね。反省点です。


SANY0522.jpg
ライフルです
コレに関してもそのままではツマラナイなと思ったので、RX78-2の物と2.0のザクマシンガン
フリーダムのライフル等でデッチアゲ - -;)


SANY0523.jpg


SANY0526.jpg
シールドです
何気に気に入ってます☆☆☆
製作当初から『ZEON』は必ず入れようと決めてましたので、良いのはないかと
デカールを探しました。
レイアウトも一工夫して、デザインのアクセントになる様にしました。
デカールの上から若干のウェザリングを施して、浮いた感じにならないようにしています。
面積が大きい上にエッジを跨いで貼り付けたのでマークソフター大活躍でしたw


SANY0525.jpg


SANY0529.jpg
最後まで御覧頂きありがとうございました。
全体を通して仕上げ、特にエッジの処理の甘さとウェザリングや
ドライブラシの大雑把さが目立ち、多少日を置いた今の目で見ると
反省点が沢山あります。
それでも完成までこぎつけた事と、やりたかった事を(自分なりにですが)
盛り込めた事は、スキルアップに繋がったのではないかなと思います。
もっと良い作品を作れるように頑張らねば・・・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ制作 - ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンダム ガンプラ キャスバル シャア専用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。