スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNDAM DEATHSCYTHE Ver.SU

GUNDAM DEATHSCYTHE Ver.SU

モデラーズギャラリーにて開催された【MGC2】に投稿するために作った作品です
MG ガンダムデスサイズ をベースに製作しています。

無事に投稿が完了し製作記も纏め終えたので、ようやくですが完成写真をUPです
コンペの方には枚数の制限で載せていない写真があるので、是非見てやって下さい

SANY0131 (2)

ではご覧下さいませ。
今回のデスサイズ最初は腰の改造のみで終わらせるつもりでした
ソレが気が付くとこんなお姿にww

キャラクターに特別思い入れもあるので、完全に我が道を行ってしまってます

そんなこんなで随分かけて完成したオイラのデスサイズ【GUNDAM DEATHSCYTHE Ver.SU】
ホントにタッチの差でギリギリコンペに間に合い、無事に投稿することがでました
土壇場で強引に投稿したため、恐らくモデラーズギャラリーの管理人様には迷惑をおかけしたと思います
この場を借りてお詫びします

さて今作は去年からやってるこのブログでの、記念すべきガンプラ完成品1号!!☆;*:+
過去作品しかなかったので、製作記を通して完成にこぎ着けたのは個人的にスゲェ嬉しい訳です
睡眠時間を削り、他の趣味を蔑ろにし、色んな人に迷惑をかけつつw
やたらと時間をかけてコツコツ作りました

苦労した分喜びも一入・・・ぅぅん感慨深い

行き当たりバッタリで作った割には意外と纏まった様に思いますが・・・
まぁ見て頂く方が早いですね
それではどうぞ御覧ください

メイン画像
SANY0114.jpg
コンペのメイン画像にしたものです
この立ち姿を作る出すのにどれだけ時間をかけたか・・・

FRONT
SANY0124.jpg


REAR
SANY0128.jpg

改修前 (素組み状態)
SANY0823.jpg

改修後
SANY0120.jpg

胴体アップ
SANY0156.jpg
一番の改修ポイントは腰周り
可動とデザインを両立させるのにホントに苦労しました
エポパテと関節技とでスクラッチしたブロックを追加し、腰の間接を増やしています

詳しくは製作記を御覧ください
デスサイズ製作記まとめ

腰は肋骨(あばら骨)を模したデザインにしたつもりで、死神的なイメージを強調するために
試行錯誤しました
デザイン全体で、モノクロの機体に血しぶきが飛び散ったように配色するイメージで作り始めました
結果的に白部が減り、赤いストライプが這うデザインに落ち着きました

パネルラインは実際の展開形状もイメージしながら、説得力が有るよう分割したつもりです

また全体を通してですが、先にカラーリングをザックリと考えていたので
元形状を参考に、ストライプをどこに這わせてどういった配色にするか考慮しながら
スジボリを施しています
ですのでスジボリ(パネルライン)→ 色の境界となっている箇所が多いです

背面アップ
SANY0159.jpg

SANY0161.jpg
バックパックも、バーニアノズルの周りが展開する・・・カモシレナイwと
デザインを決めていきました
オイラの技術不足で、分割ラインがボヤけてしまっているのが残念なのですが・・・
左右についていた羽は取り払い、中にフィンを設けて排気機構ってことにしました
写真が悪くて分かり辛いですが
その他にも各所にボチボチとディテールを追加しています

肩の装甲等は、縁を薄く削り、カウルの様なイメージで仕上げています
実はこの肩のデザインも2転3転して何度も変更しています
肩の先も3回ほど、切って繋いでを繰り返してますw

腕、特に下腕もけっこう弄りました 原形とどめない位バラバラに切り刻んでいます
左手に付いているカタナについては追って説明するとして、
左右とも腕の背面側に「接続しますよ」的なメカディテールを施してます


SANY0167.jpg
腰を弄った関係で上半身との間に隙間が出来てしまうため
何度も試行錯誤し、最終的にフィンを並べて内機が露出してるように仕立てました
脇周りも可動範囲の拡大やディテールアップをして、大きく状態を反らしても
見栄えが悪くならないようにしたつもりです

脚部
SANY0169.jpg
本体での、腰、腕に続くもう一つの大改修箇所
観たままですがヒール形状に変更しています
FSSのモーターヘッドみたいなシルエットにしたかったためです

ここも中々に難産で、時間をかけた箇所です
ヒールにしたため、胴体の様に足のフレームが大きく露出してしまいました
そのため、プラ板から追加で装甲を作ってソレらしく隠しています
パッと見どれが追加パーツか判らない様にしたつもりなのですが、どうでしょうか?

太ももには装甲のスライド機構を設けました
フレームに機構はあるのにオミットされていたので、外装を弄って追従するように加工しました
効果の程は大したことないですが・・・

この後の写真たちで御確認下さい

シールド装備
SANY00311_20110221222230.jpg
今回の一番の見せ場
今作のアピールポイントの一つです

ヒネクレ者のオイラは、デスサイズヘルにだけはしたくなかったので
旧キットから流用した羽をシールドに見立てて装備させました

様々なキャラクターをイメージしてスタイルを決めたため
どんな向き、どんな位置でも構えられるように、アームにて接続しています

裏を塞がなかったのは、重量が重くなり過ぎて構えられなくなる事と
いかにも「塞ぎました」的にノッペリした仕上がりになりそうだったからです
トップの写真等も見てみて下さい
よく見ると、裏にもプラ板のパネル貼りでディテールアップが施されています
抜かりは無いですw

SANY00377.jpg


自作武装
SANY0131.jpg

今作見せ場その・・・アレ? いくつ目だっけ?w

装備が鎌だけ
「コレ、落としたら丸腰やんけ!?」ってな訳で
エコロジーな実体剣wを装備させました

オールプラ板製で完全スクラッチです
デザインも作りながら決めましたw

差し替え無しで展開が可能で、モチーフにした忍者刀の様に
逆手に構えることが出来ます

隠密用の機体 → 隠密 → 濃丸 → 忍者 極めて安易な発想ですねww


さて、ココからはポージング集です
粗末な写真ですが見てやって下さいませ

SANY0138.jpg

SANY0142.jpg

SANY0146.jpg

SANY0149_20110221221805.jpg

SANY0151.jpg

SANY0074.jpg

SANY0085.jpg



最後まで御覧頂きありがとうございます

製作記に続き、長い記事を最後まで見て頂いてありがとうございます
今回の製作記を通して、大分スキルアップになりました
未熟な部分(どこも彼処もですが)や課題も見えてきて有意義でした
ガンプラ次回作はオラザクですかね
またコレ以上のものに出来るように頑張ります

では、またねぇ


製作記はコチラ【デスサイズ製作記まとめ】


スポンサーサイト

テーマ : ガンプラ大好き - ジャンル : 趣味・実用

tag : ガンダム ガンプラ デスサイズ ガンダムW

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご連絡頂いた件

シュウ様

まずはご返事が大変遅くなり申し訳ございません。
私の動作環境のせいかとお思いますが
アドレスの確認ができなかった為、
大変失礼かとは存じますが、コメント欄にてご返答させて頂きます。
まずは大変丁寧な対応をして頂き、ありがとうございました。

私の拙い作品を気に入って頂き
とても嬉しく思います。
しかし、ご連絡頂いた件に関しては
申し訳ございませんがお断り致します。

私は作業スピードが遅く、ひとつの作品に多大な時間をかけるため
個々への思い入れも強くなりがちです。
そういった事情から、例外なくお断りさせて頂いております。
文面から察するに、シュウ様は大変真摯な方だと思うのですが
そういった事情ですので、ご協力できず大変申し訳ございませんが
ご理解頂けたら幸いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。